健康運動指導士

リクルートの社会人・学生のための通信制大学・大学院情報! まずは無料資料請求から♪

社会人向けの大学・大学院・通信制大学情報 >>> 無料資料請求からどうぞ♪

健康運動指導士の需要が高まってきた背景

健康運動指導士がいま話題の生活習慣病・メタボリックシンドロームから国民を救う人材として注目を集めていますね。健康運動指導の資格は、昭和63年(1997年)に厚生大臣が育成事業としてすすめてきた認定事業で、健やかな生活を送るために必要な適正な運動プログラムを作成できると認定される資格です


健康運動指導士の求人の需要が高まってきた背景にある肥満・高血圧・高脂血症・高血糖を併せ持ってしまったメタボリックシンドロームは、日本人の死因の上位に位置する脳卒中や心疾患など、血管がつまったり、弱くなったり、破れたりすることで起こる病気の主原因になります。それらの症状の予防策や改善策は、適度な運動を習慣化し、運動不足を解消すること。それをサポートするのが健康運動指導士のです。


日本人の死因を見れば、健康運動指導士の必要性がわかります。その上位である脳卒中や心疾患は、脳内や心臓部の血流が詰まったり、血管が破れることで起こる重病です。その原因となるのは、肥満・高血圧・高脂血症・高血糖が作り出すドロドロ血です。それらの症状を併せ持ってしまうことが、メタボリックシンドロームで、その予防・対策になるのが、運動不足の解消なのです。

健康運動士の資格受験資格と講習会

健康運動指導士の資格試験を受験するには、的確な知識(体育系大学・医学部の卒業者、看護士・理学療法士・栄養士などの有資格者)に実務経験を伴う必要があります。平成19年(2007年)からは、事前に取得した資格のレベルや実務経験の内容に沿って、健康運動指導士の資格試験の受験に必要な受講科目の数が免除されるなど、人材育成の早期実現が求められています。


健康運動指導士の資格をとるためには健康・体力づくり事業財団が実施する3ヶ月間(21日間、144時間)の講習会を受講し、受講後に行われる認定試験に合格しなければなりません。


また、この健康運動指導士の講習会を受講するためには「保健師または管理栄養士の資格所有者」「4年制体育系大学または、医学部保健学科の卒業・卒業見込者」「看護師、理学療法士、作業療法士または臨床検査技師の資格があり、かつ4年制大学卒業者で1年以上運動指導の経験者」「栄養士、准看護師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師で、大学卒業者または資格取得後2年以上の運動指導従事経験者」「2年制体育系短大・専修学校を卒業後2年以上の運動指導従事経験者」などいくつか条件があります。


また、健康運動指導士の登録更新に必要な単位を履修する講習会や、健康運動指導士及び健康運動実践指導者の資質を高め社会に貢献できる指導者をめざす講習会も各地で開催されています。ちなみにNPO法人日本健康運動指導士会では健康運動指導士の更新に必要な20単位を短期間(3日間)で取得する目的で講習会が開催されています。


リクルートの通信制大学・大学院サイトはこちら ⇒⇒⇒ 自宅で資格取得が可能な通信制大学・大学院情報が満載!

健康運動指導士の仕事と求人情報

健康運動指導士の仕事や活動は日々その幅を広げています。健康運動指導士は病院や老人・介護施設などで、実際に症状が出てる方の改善サポートだけでなく、フリーで活動し、フィットネスクラブや学校などで若い人への予防策や指導を行っている方も増えていて、運動の習慣化定着に力を発揮しています。


健康運動指導士の求人の需要としては、病院、老人福祉施設、介護保険施設や介護予防事業等健康増進センタ−、保健所、市町村保健センタ−、民間健康増進施設(フィットネスクラブ等健康づくりのための運動を行うための施設)などがあります。